梅雨が明けまして 小暑なりまして <1>

あけたそうですよ、こちらの方面は。

みなさま、ごぶさたしております。
あっついですが、
むっしむしですが、おかわりありませんか?
大丈夫ですか??

久しぶりにカラダの考察をしてみようかという気分に相成りまして。


先日のことです。
あっつい週が終わって
梅雨ど真ん中??といった週に入った時のことです。

母『手、曲げるのつらいねん』

そのころの母の生活というと
室内に籠もりがちで
寝がち。
そんな室内は湿気なりで水気の多い状態、でした。
運動も少ないので
水分溜まってるんじゃない?

母『けど、身体が痛いから動けない』

まぁ、こう言うなら致し方ない。
なんとか 水分が溜まらないような食事を取ってみるとかにしたら?
といって

数日後。
珍しく出かけるご用があり、出た母。

帰宅し
母『ものごっつい汗が出て、ややすっきりした』

というのです。

梅雨時期による
外部の水分の飽和状態(水気がいっぱいあって)による汗の蒸発が起こらなかった上に
運動をしないので、
さらに溜まるという悪循環 によって浮腫んでいたんでしょうねぇ~

運動(といっても歩いた、だけですよ)と
晴天による汗の排出により
ややむくみの解消 となったのでしょう。
[PR]
by mi-hare-ya | 2011-07-08 15:02 | カラダの考察
<< 梅雨が明けまして 小暑なりまし... ゆるまる すごいね。 >>