骨盤と便秘 2

実は・・・
一度書いて、全て消えました。

同じ事は書けないよぉ・・・

涙して眠り、今に至る。

さて。
先日稲刈りに出かけたのはいうまでもなく。

新月前の日、だったように想います。
たぶん、オーナーの希望だったに違いない。
しかし、だ。
ワタシのカラダは素直に応えてくれまして。

それもふまえ。

稲刈りでは刈られた稲を束ねてくくる
という作業。
翌日、初霜、と言うようなお土地柄。
地面はぬれているので、腰は下ろせず、中腰かいわゆるうんこちゃん座りで、作業を進める。

ドシン!

こんな音のイメージで、腰が下りている(開いている)訳ですよね。
骨盤が。

機械が導入される前の人々はすごかったんだぁね。
広い稲田で、朝から晩までせっせこせっせこ。
刈っては、束ね…
今みたいに色んなコントロールができるわけやないでしょ。
お米を頂く(他もですね)って、すごいことなんだよ。
と、同時に。
骨盤がしっかりしてないとお仕事できない→収穫は??となる訳で。

現代に振り返りますと…
今のお仕事はたいてい、座りっぱなしか、立ちっぱなし。
骨盤周りの運動はほぼなし。
頭を使うことばかり。
頭に熱、骨盤から下に冷え→血流が悪い→滞る→病発症。
いろんな腰、腰から下の病が増える現代。
骨盤・肩胛骨の開閉の狭さから滞る。
現代のイロイロはここから…
と、骨盤と言えば寺門琢己せんせい。

じゃ、稲刈り!
と言っているのではありません。
骨盤をうまく動かしてやればよいのです。
これのヒントは、先日友人よりお借りした三枝誠せんせいの本もどうぞ。
こちらは女性向き。
佳いヒントがありますよ。

ほなら、だいじょうぶやな!といっている、そこの殿方。
ちがいます。
女性を労って下さい、でもないです^^
労ってほしいのは、むしろ、男性のカラダです。
女性は、月のサイクル上、向き合いやすい動物なんですね。
が、男性はそこに落とし穴。見えにくいのです。
先程の寺門せんせいの著書
ー男も知っておきたい 骨盤の話 幻冬舎新書 ーが今手元に。
こちら、ビール腹の謎について(ワタシが疑問を持っていた)も解答が!
ま、気になられたなら、一度…
寺門せんせいは男性の方ですから、読みやすいのではないでしょうか?


で、実はもう一冊読んでいる本があって。
これも目から鱗!

これも何年と疑問に想っていた宿便について。
宿便 発酵してなくなる 血液に戻る 体調崩れる!!!!
このようなことが書かれていた…うわわわ!
こちらは甲田せんせいと言って、断食のせんせい。
今回手元にあるのは、漫画式で甲田式を教えてくれるものなので、わかりやすく、
納得しやすい内容。
…タイトル等は調べてみて下さいね。手元に今ないので、ごめんなさい^^

宿便が起こるのは、便秘だからですよね?
この便秘、
骨盤の開閉でも関係しています(女性の方の月サイクルでの便秘と痛みはこれも大きい)、
冷えも関係するし、
病とも切り離せない…


骨盤
大腸

おもいっきりテーマです。
[PR]
by mi-hare-ya | 2010-11-14 11:47 | カラダ ほっこり。
<< 豆乳ビバ。 ダライ・ラマさんとMBSアナウ... >>